犬・猫・エキゾチックアニマル・腹腔鏡・胸腔鏡手術・インターベンション・CT検査

診療時間:午前診療 AM9:00~PM12:30(平日・土曜日)

     午後診療 PM4:00~PM7:00(平日)

     午後診療 PM4:00~PM6:00(土曜日)

    日曜・祝日 AM9:00~PM12:00

新潟県新潟市東区上木戸1-1-6 TEL:025-271-7300

腹腔鏡手術とは?

 

おなかに小さな傷(3〜10mm)を2〜3ヶ所開け、そこから

「トロッカー」と呼ばれる器具を挿入して手術を行います。

その小さな穴からカメラや手術器具を体内に入れることにより、

モニターに映し出された画像をもとに手術を行います。

フルスペックHDカメラシステムの採用

 

術者の目というべき、腹腔鏡手術のカメラの性能は、極めて重要です。

当院で採用されているフルスペックHD 3CCDカメラは、通常の内視鏡外科用カメラの6倍の解像度を誇り、

超高精細映像を再現します。

良い点は?

① 傷が小さい(3〜10mm)

  麻酔から覚めた後、痛みを殆ど感じないため回復が早く、早期に普段の生活に戻ることができます。

  また、傷が小さいため術後の組織反応が少なく、手術部位が腫れることが少ないです。

②普通の開腹手術と違い、臓器が外の空気と触れないため、

 胃腸など他の内臓の回復が早い。

 

③お腹を切らなければ出来なかった検査などを同時に

 行うことが出来る

 小さな傷で同時に、他の臓器の検査(生検)等を行うことが可能です。

 

④腹腔鏡では超音波メスを使用して凝固・切開を行うので、

 安全かつ縫合糸による組織反応の心配がない。

凝固系検査について

当院では、皆様の動物たちの安全のため、

腹腔鏡手術・腫瘍外科等の術前検査として、

プロトロンビン時間(PT)

・活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の

測定を実施しております。

WAKO COAG 2V

欠点は?

技術が必要となります。

当院では腹腔鏡手術に熟練した獣医師を大阪から招き、十分なトレーニングを行った上で手術を行っております。

Copyright 2012〜 kawamura Animal Hospital All Rights Reserved.